« ホッカイドウ競馬5/4・その3 | トップページ | ホッカイドウ競馬5/5 »

2006年5月 4日 (木)

六年前の五月四日

今日の北海道新聞「卓上四季」。
5月4日でハイセイコーを話題にした、ということが嬉しかった。
結びの「ディープインパクト一頭で人気を盛り上げている今の競馬界はどこか物足りない。」という言葉に思わず、よく言ってくれた、と思ってしまう。こういった考え方は改めたほうがいいよな…でも、やっぱり…と、日々そんな葛藤があって、その結果中央競馬から目をそむけてしまっている。そんな時のこの記事。
バルクがそうだったのにな…。この記事を書いた人がバルクを知らないわけではないだろう。一時期あれだけ騒がれていたバルクがここまで注目を浴びなくなってしまった理由を、マスコミ側が一番気づいているからなのだろうか。
シンガポールで活躍した時には、また大きくバルクのことを取り上げてくれればいいな。

« ホッカイドウ競馬5/4・その3 | トップページ | ホッカイドウ競馬5/5 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151197/9901435

この記事へのトラックバック一覧です: 六年前の五月四日:

« ホッカイドウ競馬5/4・その3 | トップページ | ホッカイドウ競馬5/5 »

ばん馬のいる風景

つぶ串ひとつ

Route235

プロフィール

  • ゆかです。北海道在住、いろんな馬に会うことが好きです。ばんえいは「ばん馬のいる風景」、ホッカイドウ競馬は「つぶ串ひとつ」というブログです。 TwitterとInstagramは@primoordineです。小久保(斎藤)友香という名前でばんえいや道営のことを書いたりしています。
無料ブログはココログ