« ある馬主さんの話 | トップページ | ファーベルハフト »

2010年9月18日 (土)

スーパークリーク

競馬についてふと思うことはあれど、ためこんであとでブログに書こうと思っていた。
それは無理だ。
ということで、今思いだしたので書くことにしよう。いつまで続くかな。

スーパークリークは現役時代を見ていない。話を聞いたことしかない。武豊のスペシャルぶりが当たり前になったころに競馬をはじめた私に、「武豊を育てたのはスーパークリークだ」と何度も聞かされていた。

私が会ったのは日高SS。種馬のパドック、その後はアテ馬のパドックで。
スーパークリークは、牝馬の通るスペースの横にある小さなパドックで、澄んだ瞳で遠くを見、すっくと立っていた。
あまりに堂々としていて、アテ馬に偏見を持っていた私は反省した。今の状況でやれることをやる。さすが、武豊を育てたスーパークリークだ。そう思って尊敬していた。
晩年は会いに行ってなかったけれど、きっと、最後まで誇りを失うことなく、あの瞳で立っていたのだと思う。

« ある馬主さんの話 | トップページ | ファーベルハフト »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スーパークリーク:

« ある馬主さんの話 | トップページ | ファーベルハフト »

復刊を希望しています

ばん馬のいる風景

プロフィール

  • ゆかです。北海道在住。いろんな馬に会うことが好き。 ばんえいは「ばん馬のいる風景」、ホッカイドウ競馬は「つぶ串ひとつ」というブログで書いてます。それ以外の馬ネタの行き先がここ。 TwitterとInstagramは@primoordine。地元紙記者、競馬ライター・カメラマン。小久保(斎藤)友香の名前で出ています

つぶ串ひとつ

Route235

無料ブログはココログ