« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年10月13日 (木)

ロックハンドスター

震災後、ネット上に置かれていたロックハンドスターのペーパークラフトを作っていた。
クラキンコフィギュアの横に置いた。三冠馬同士の対決。実現することがあるかな。それは案外早く叶った。岩手競馬の開幕が遅れたから、門別にやってきたのだ。
赤いメンコには白地で「Rock Hand Star」と書かれている。ナイターの明かりに照らされて、ムキムキの筋肉は影をつくる。やっぱり岩手の星だ。出会えたことがうれしかった。

道営馬は岩手に遠征することが多いから、岩手の強い馬との勝負に興奮する。ロックはこれからずっと、そんな場に出てきてくれる。そう思っていた。

震災から7ヶ月が経った。
新聞には特集記事が出ている。
-人は何か意味があって生かされると思っていた。でも、違っていた。生死の境に特別な意味はなかった。-

四ツ割勝負服に「がんばろう東北」と書かれたスボンの菅原俊吏騎手は、ころげおちた芝生の上で、目でロックを追っていた。

ルドルフが亡くなって、馬は寿命を知っているというようなことを書いた。でも違うじゃないか。なんでここで命を落とさなくてはいけなかったか、という馬を私はたくさん見てきているのに。

岩手競馬を応援している人たちが好きだ。なんで、悲しい思いばかりしなくてはいけないんだろう。
あれから少し経って、ロックが亡くなった意味を、みんなが探そうとしている。最近、悲しさと前向きさの同居ばかりだ。胸が痛い。

私は前向きにもなれず、あのまま止まっている。
いつか、時間が癒すと思いながら。いつまでたっても、その時間は短くはならない。

posted by (C)ゆか

2011年10月 8日 (土)

シンボリルドルフ

とねっこフェスティバルという名前だったか。日高の牧場の方々が企画したツアーで、ルドルフに会ったのが最初だった。
その時で17歳前後だったと思う。現役を生で見ていないから伝説の馬でしかない。シンボリ牧場は一般見学も出来なかった。雲の上の馬だった。つやつやの肌、プライドの高さを感じさせる眼力、すごい、さすがルドルフだ!! 想像通りの馬で、今でもその高貴さを保っていることに興奮した。

昨年、東京競馬場に行った時の映像を見た。29歳、相変わらずぴかぴかの馬体は小さなテレビでも輝いて見えた。最後の記念撮影の時、自ら立ち姿をとって、ぎろっとカメラの方を見た。パドックからはおお、と声が挙がる。そういえばこの時カメラマンはどう思ったんだろうな。
今でもこんなに若いんだから、長生きするだろうと思っていた。

馬は自分の人生をわかっていると思うことがある。オグリにしろルドルフにしろ、最後に多くの人に自分の姿を見てほしい、その思いがめぐりめぐって競馬場での公開を実現させ、思い残すことなく旅立ったのだと思う。

オグリは内藤先生が写真集を出したけれど、ルドルフのそれを撮るべき今井先生がいないことが残念だ。数十年後、あの世で見ることができるのかなぁ。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

ばん馬のいる風景

つぶ串ひとつ

Route235

プロフィール

  • ゆかです。北海道在住、いろんな馬に会うことが好きです。ばんえいは「ばん馬のいる風景」、ホッカイドウ競馬は「つぶ串ひとつ」というブログです。 TwitterとInstagramは@primoordineです。小久保(斎藤)友香という名前でばんえいや道営のことを書いたりしています。
無料ブログはココログ