« いつか、野馬追で(2) | トップページ | いつか、野馬追で(4) »

2012年2月12日 (日)

いつか、野馬追で(3)

そこで、時間がきたので一旦法理牧場へ向かった。

Google+はこちら

ここには野馬追を一緒に見に行った友達を誘った。数年前、仙台空港からレンタカーで一緒に原町まで行った。牛タン、ずんだシェイク、木幡の凍み天を食べた。時間があるといって海水浴場に寄り、そこから海の上に浮かび上がっているような福島原発を見た。

牧場の方が待っていてくれた。ここは風が強くて寒い! 場所によってもかなり差がある。ご飯の牧草がとばされてしまうので必死で戻してあげる。静内SSみたいだなー。
ここは9頭。メジロマイヤーとニイルセンが一緒にいる。ニイルセンは船橋出身で、ダーレーの馬だった。今回、ダーレーも三分の一を寄付しているけれど、自分の馬がいるからではないだろう。
みんなふっくらしている。牝馬のトガミハリヤーがやたらかわいい。

事前に調べた飼い主の名前を友人に伝える。よく見る武将はだいたい覚えてしまうもので、「あのお兄ちゃんかな」、と語り合う。あの時会った馬が、この子だったかもしれない、と記憶の糸をたぐる。

« いつか、野馬追で(2) | トップページ | いつか、野馬追で(4) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151197/53965712

この記事へのトラックバック一覧です: いつか、野馬追で(3):

« いつか、野馬追で(2) | トップページ | いつか、野馬追で(4) »

復刊を希望しています

ばん馬のいる風景

プロフィール

  • ゆかです。北海道在住、いろんな馬に会うことが好きです。ばんえいは「ばん馬のいる風景」、ホッカイドウ競馬は「つぶ串ひとつ」というブログです。 TwitterとInstagramは@primoordineです。小久保(斎藤)友香という名前でばんえいや道営のことを書いたりしています。

つぶ串ひとつ

Route235

無料ブログはココログ