« わたしにできること | トップページ | 週刊競馬通信 »

2015年2月27日 (金)

49年早生まれ

人口の割に、同級生にあたる年代の騎手はそう多くない。
その少ない中の1人が後藤騎手だった。昭和49年早生まれ。勝手にシンパシーを感じていた。
一番それを強く感じたのは、29歳の時だった。
20代のうちしかできないことがある。ちょっと羽目を外したり、思い切ってみたり。
そう思い始めていたときに、29歳の後藤騎手はテレビに向かってはしゃいでいた。
それが、30になるとぱったりと止まった。「最近は後藤も前ほど変なことしなくなったね」と言われていたけれど、私は、これは30になったけじめなのかな、と思っていた。いつか会って、いろいろと話すことができたら、この話をしてみたい。そう思っていたけれど、そのチャンスは永遠になくなってしまった。
何かしてしまうんじゃないか、という怖さはあった。でも、そんな危うさを持った騎手なんていっぱいいる。まさかこのタイミングで、死ぬなんて。
いろいろなことを思い出すたびに、辛くて、考えこんでしまう。

« わたしにできること | トップページ | 週刊競馬通信 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151197/61204604

この記事へのトラックバック一覧です: 49年早生まれ:

« わたしにできること | トップページ | 週刊競馬通信 »

ばん馬のいる風景

つぶ串ひとつ

Route235

プロフィール

  • ゆかです。北海道在住、いろんな馬に会うことが好きです。ばんえいは「ばん馬のいる風景」、ホッカイドウ競馬は「つぶ串ひとつ」というブログです。 TwitterとInstagramは@primoordineです。小久保(斎藤)友香という名前でばんえいや道営のことを書いたりしています。
無料ブログはココログ