« ポムレ2号が発行されました | トップページ | また帯広へ »

2016年2月26日 (金)

ソルテの縁

24日、大井のフジノウェーブ記念を勝ったのはソルテ。
暖かな薪ストーブの横に飾られていた、ソルテのゼッケンを思い出す。
昨年、ソルテの生産牧場、下村さんの牧場にお邪魔した。大好きな馬の妹であり最後の娘である、ニットウプラリーネが余生を送っている。
こういった縁で、勝利を喜べる。うれしいことだ。
20151205134323_2

母、キャロルに一番似ていた。繁殖入りするものだと思っていたが、母にはなれなかった。キャロルに似た、優しくて強い母親になると思っていた。でもこればかりは仕方がない。牧場の意向で余生を過ごせてるし、とても幸せそうだ。
唯一繁殖入りした娘は、初仔を育児拒否した。ミルクで大切に育てられた子は中国に渡った。2番目の子はきちんと育てたけれど、受胎率もあまり良くないままで、写真その後乗馬となった。(←本当に乗馬)
血を繋ぐって難しい。自分の好きな馬の血が、どこまで残っていくのだろう。
ブラックタイプから消えていく血統は、それでも私の心の中の温かな場所に残っている。

« ポムレ2号が発行されました | トップページ | また帯広へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151197/63264140

この記事へのトラックバック一覧です: ソルテの縁:

« ポムレ2号が発行されました | トップページ | また帯広へ »

復刊を希望しています

ばん馬のいる風景

プロフィール

  • ゆかです。北海道在住、いろんな馬に会うことが好きです。ばんえいは「ばん馬のいる風景」、ホッカイドウ競馬は「つぶ串ひとつ」というブログです。 TwitterとInstagramは@primoordineです。小久保(斎藤)友香という名前でばんえいや道営のことを書いたりしています。

つぶ串ひとつ

Route235

無料ブログはココログ