« 特別な2頭のこと | トップページ | 週刊競馬通信・更新 »

2016年12月26日 (月)

武一族のすごさ

武豊の騎乗技術が素晴らしいのは、私が今更言うまでもない。
私が、武豊が一番すごいと思っているのは、競馬以外の人に話題をふられたときのアドリブのギャグだ。
競馬を知らない人にもわかりやすく、笑わせる。こういうのをウイットというんだな、と思う。
聞くたびに、笑うより先にうまい、とうなる。
一番面白いと思う。

一番と書いておいて、それより面白いと思ったのが武邦彦だった。
何かのバラエティーでテレビに出てきたとき(栗東を訪れていた)、死ぬほど笑った。
内容は忘れてしまったのだけど、腹抱えて笑った。
それからは真面目な姿しか見ることがなかったのが残念だ。

幸四郎も面白いけれど、今のところは一般的な面白さ?で、周りをなごませているように思う。
もちろん、武一族の笑いの血筋は受け継いでいる。
調教師になったからには、武豊を超え、武邦ばりの面白トークを届けて欲しい。

« 特別な2頭のこと | トップページ | 週刊競馬通信・更新 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武一族のすごさ:

« 特別な2頭のこと | トップページ | 週刊競馬通信・更新 »

復刊を希望しています

ばん馬のいる風景

プロフィール

  • ゆかです。北海道在住。いろんな馬に会うことが好き。 ばんえいは「ばん馬のいる風景」、ホッカイドウ競馬は「つぶ串ひとつ」というブログで書いてます。それ以外の馬ネタの行き先がここ。 TwitterとInstagramは@primoordine。地元紙記者、競馬ライター・カメラマン。小久保(斎藤)友香の名前で出ています

つぶ串ひとつ

Route235

無料ブログはココログ